311

2011年3月11日日本を未曽有の大災害が襲いました。東日本大震災。そして、それに伴う津波。日本はかつてない衝撃をこの災害から受けたのです。もちろんそれに併発する津波の被害も大きく何棟もの家や建物が破壊されました。
この災害をキッカケに日本全国で災害対策、耐震補強の機運が高まり、とくに耐震補強に至っては様々な便利グッズなども開発されるなど独自の発展を見せています。

ですが、その耐震補強本当に隅々まで行き届いていますか。とくに見えない所・・・。そう排水管です。東日本大震災の際にも排水管の破裂による被害が続出していたのをご存知ですか?あまりご存じないかと思います。テレビで取りざたにされることがあまりなかった話ですから。
しかし、この災害以降本当に排水管は地震に弱いということが明らかになりました。耐震補強は排水管までが当たり前の時代になりつつあります。しかし、排水管への耐震補強なんてどうすれば?という疑問がわきますよね。

ご安心ください。ライニングという工法をご存知でしょうか?このライニング工法により排水管は耐震補強出来るのです。
さて、今回はライニング工法を紹介すると同時に日本という国においてどれほど耐震補強が重要であるかお話していきたいと思います。特にライニングは多くの方に知ってもらいたい技術ですのでしっかりと説明させていただきます。
では、早速次のページから日本と地震の関係についてお話させていただきたいと思います。今の生活が決して安全ではないということがお分かりいただけるはずです。

関連リンク

配管のライニングはここが適任です。|加藤商事株式会社
耐震補強工事をして健全な住まい。|耐震なび

耐震補強をして東京で安全に暮らす: 宮地建築設計

archive
category
  • カテゴリーなし